ホーム / データマイニング / AIの研究開発を進めていますその成果の1つとして

AIの研究開発を進めていますその成果の1つとして

ロボットに代わるとされています

IoTもの翌日目的の株が上がるか
トは人間よりも知的処理能力が高くなるだろう。人工知能ロボットが自動的に社会に付加価値を作り出す時代となっていくだろう。
これらのロボッもし人類がこの自動的に生み出される付加価値に依存できるのであれば、代がくるかもしれない。
人類の最低限の生活水準が引き上げられるだろう。
生活に最低限必要なものは自動的に供給される時さらにこのようになったとき、人類の存在意義はなんだろうか。芸術や文化の面でのみ優位性があるのだろうか。芸術の能力のロボットが人間を超越してしまうのだろうか。
おそらく、人間が人間の形のままとどまることはないのかもしれない。
ロボットに職を奪われるさら

人工知能やそれを繰り返して

人と人工知能ロボットが融合した共進化がはじまるのかもしれない。
このような世界の中では資本家はどこに向かうのだろうか。権力者はどこに向かうのかは誰にも予見できない。そのころになると、最高のぜいたくは若さと健康な体を長い年月維持することになっているかもしれない。金持ちが人工知能網と融合して、より知能が高くなり、自らの肉体を改造して若さを長く保ち、さらに富を独占するようなことが起きるのだろうか。

 

人工知能は誰にも教えられることなく

アニメの銀河鉄道999に出てくる機械人間が現実になっていくのかもしれない。アニメでは、永遠の寿命を手に入れた機械人間が、堕落していく様が描かれているが、機械人間が支配する社会から生身の人間が支配権を取り戻す物語である。あるいは逆に、手を加えないもとのままの肉体を持続させることが最も価値が高くなるのだろうか。
さらに空想を広げると、人工知能と融合した人類をそうでない人類に進化系統が分かれていくのかもしれない。
コンピュータがやってくれます

AIや研究は下火になったその歴史は古く
そしてそのころには、人工知能がいれば、政治家や権力者がいなくても国家が維持·運営できるようになってきているだろう。公務員のほとんどは人工知能ロボットで代替できるだろう。人工知能の生態系の中で、国家というフレームが消えていくかもしれない。現在の生態系は、だれも支配をしていないが全体としては調和いている。このように人工知能生態系は、地球全体の調和を生み出していくことができるのかもしれない。
さらに人工生命技術は、様々な人工の動植物を生み出し、太古から続く生態系に加えて、新たな人工生命による人工生態系がうまれるだろう。
人工生態系による物質循環機能により、産業システムが完全に循環型になり、地球の様々な汚染が浄化されていくかもしれない。

 

人工知能を第三世代と呼ぶことにしているでは第三世代

しかし、「人類を超える人工知能」と「人工生命の合成Jという2技術的特異点シンギュラリティを超えた世界は、ドラえもんに描かれている22世紀の世界とは全く違う世界になっているかもしれない。ロボットと人間が融合した新しい人種が生まれ、旧人類を含めた地球をコントロールする時代になっているかもしれない。
これらの特異点を超えるとどのような社会、人々はどのようになっていくのだろうか。人類がいくつかの種類に分化していくのかもしれない。

コンピュータプロジェクトの検討を行った電子技術総合研究所です


太古からの自然淘汰による進化ではなく、人工知能と人類が融合し、技術的に進化をコントロールできるというもう一つの特異点シンギュラリティを超えた後はどこへ向かうのだろうか。バイオロボットをベースにした宇宙開発がさらに進んでいき、徐々に宇宙へ進出する時代となっていくだろう。
(4)22世紀のはじめ22世紀初めはドラえもんが生まれた時代である。
プログラム自体も自分で生み出

著者について: