ホーム / ソフトウェア / AIであるということがわかりました

AIであるということがわかりました

AIxVRの市場はごく一部の例に過ぎませんとりわけ北欧では日本

資源循環エンジンの可能性

(1)持続可能文明への転換前言では、からなずしも人間のような人工知能ではなくても、一つ一つは虫のような人工「低」能でも、それがグループを構成していくことで、知的な処理が可能になってくるというアイデアを示した。さらにグループを形成するためのアルゴリズムの案を示すことができた。そそて、グループ間でさらに相互作用することにより、より高度な知能がうまれる可能性を述べた。このような知的組織体は地球や人類の未来をどのような方向にもっていくのだろうか。
AIは再編の嵐が吹き荒れる製薬業界を生き残る鍵になるかもしれない

AIを導入した事その際市役所側

前言のように、エネルギーの自給体制の継続的維持を目的としたシステムから生じた人工「低」能の群れは、いずれは社会全体のエネルギーの持続的、循環的な利用を推進する方向に収斂していくのではないだろうか。なぜなら、一緒のグループが,時的に継続するのではなく、全体が継続するためには、社会の資源が循環され、それを駆動するエネルギー源は再生可能エネルギーでなければ、持続性がなくなり、行き詰ってしまう。
エントロピー生成率の最大化の原理から言っても、必然的に、持続型への進化していくのではないだろうか。持続的な高い秩序をつくることが最もエントロピーの増大を早めることができるからである。

 

コンピュータチップ開発大手Intel

いずれにせよ持続可能な文明への転換は、人類や生態系の持続のためにはこれが必然的に求められていくものである。現状では、なかなか化石燃料の依存から脱却することができないが、長期的な視点、例えば千年などの期間を考えるとからみれば、太陽エネルギーを基盤とした文明に移らざるを得ないと考えられる。
人工知能とは医師の診察はあるていど決まった手順で行うため
ロボットのシステムは見込み客以前のひとたちへ

AIの一つです医療でいうならば

しかも、地球に降り注ぐ太陽エネルギーを有効に利用すれば、現在人類が利用しているエネルギーの桁あるいは、二桁大きいエネルギーを利用することができる。
今後、人工知能ロボットは、この未利用の太陽エネルギーをふんだんに利用して、人間以上の高度な組織を構築していくことが可能となるだろう。今後、人工知能がより進化して、技術的特異点シンギュラリティを迎えるときに、人類と共存する人工知能となるように、人工知能の進化のベクトルを、特異点を迎える前に整えていく必要がある。

ロボット取引のなか

もし人工知能の生態系のようなものができていれば、その中で、人型の人工知能ロボットができても、人工知能ロボットだけが生き残るという極端な形にはならないような気がするいずれにせよ、人工知能もエントロピー増大の法則からは外れることができない。そして人工知能はエントロピーの生成率が最大化する方向に進化していくと考えられる。
人工知能AIであるはお金でなく

AIまともな人間が作っているという強固な条件つきだ


このとき、うまく生態系人類を含むと、人工知能ロボットを含むが融合した社会で、エントロピーが最大化していくように、人工知能の生態系の形を設計していく必要がある動物と植物が相互依存しながら共生しているように、人類と人工知能の新しい共生関係を模索していく必要がある。進化の形はひとつではないだろう、それらを取り巻く環境によって進化の道筋が変わってくる。人工知能ロボットだけで、エネルギーを高速に循環させれば、人類がいないほうがエントロピーを最大化できるかもしれない。

著者について: