7月
08

2014年からNISA(少額投資非課税制度)がスタートします。NISAとは、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度です。2014年の1月から、毎年100万円まで株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金が非課税になります。(現在は10.147%ですが、2014年から20.315%の税金がかかることになっています。)2014年から2023年までの10年間、毎年新しく100万円の非課税枠が追加されます。非課税の期間は最大5年間で、途中で売った場合は、非課税枠を使ったことになり再利用できないことになります。例えば、2014年に株を100万円分購入したとします。2019年に株価が2倍になり、200万円の資産ができ、儲けは100万円です。税金がかかるとすれば、20%(20万円)が税金になります。しかし、これをNISAで取引すれば税金は0になるのです。そうなれば普通の取引と比べて、NISAのほうが20万円も特になります。今はまだ準備の段階で、すぐにNISA口座を作ることはできません。しかし、証券講座そのものは必要ですし、資料配布はもう始まっています。始まったときにあわてないように、今のうちから準備を進めておきましょう。気をつけておきたいことは、せっかく口座を作っても、株の手数料が高い証券会社を利用してしまっては、せっかくの非課税の効果も無駄になってしまいます。一度NISA口座を作ったら、4年間は口座を他の会社に乗り換えることはできないので、しっかりと見極めることが大切です。

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments: