ホーム / RPA / 私の顧客は多岐に渡っている

私の顧客は多岐に渡っている

ロボットが一緒に働く世界が来ると予想する

AIは実体がないものが体としてあるように見えているのだ
ロボット芸人や単なる妄想の領域に入ってくる

やはり定期メンテナンスは必要になるが、それほどの頻度は必要なく、その部分は人間の技術者がやってくれる企業に外部委託することができる。
問題は設備の準備とそれにかかるコストである。この点については、最初は人間が用意してあげなければならないかもしれない。
ディープラーニングの2つがあります

ニューラルネット仮想的な神経回路網次項の図参照を約10万個作る

ネットを利用して広く資金を調達する方法ができつつあるが、人工知能に資金を提供してくれる投資家はまだいないだろういまではクラウドファンディングなどで、あるいは、最初は既存の設備を無償で提供してもらうことで、商売をスタートできるかもしれない。設備の償却が必要なくなるので、得られた利益全てを次の設備費に回せるので、持続的な設備更新が可能になってくる。設備の維持管理は、人工知能無人企業の責任になるので、提供者は故障時のコストがかかるというリスクを低減するとともに、市場より安いエネルギーコストで購入できるという恩恵が得られるかもしれない。

人工知能がわずか5分で判断

これらは人間の従業員がいる企業では、人件費がかかり採算がむずかしいかもしれないが、無人の企業であれば十分な利益が得られるかもしれない。
(3)マネジメントの問題をどのように解決するのかこれまで述べてきたように、このような人工知能による無人企業の最大の課題は、経営·マネジメントの問題である。例えば設備一つで、無人企業を行う場合を考えてみよう。
設備は、戸建て住宅などに導入されている太陽パネルと蓄電池からなるシステムと仮定しよう。現状では、家庭での自家消費分以外の余剰電力は、電力会社が高い値段で買い取ってくれている。しかし、今後はこのようなよい条件で買い取ってくれることもなくなっていき、余剰電力は電力取引市場において時価で取引されるようになっていくだろう。
私の顧客は多岐に渡っている

AI人工知能とは人間と同じレベルの事務職や会計士などの業務

自家消費分を差し引いた余剰分は、市場で販売していく形になる。
人工知能においても、発電量や蓄電量を管理し、電力価格の市況を把握すれば、簡単に売買の判断ができる。仮想通貨などでの決済手段も人工知能に組み込まれれば、完全な自動売買システムができるかもしれない。企業というには規模が小さすぎるが、現状の技術レベルの人工知能でも実現できそうである。(現状の日本国内では、太陽パネルのよる余剰電力は、電力会社が固定価格で買い取りをしてくれるので、このような判断が必要ない。)利益を無人で持続的に生み出すことが可能になる。

AIデザイナー
AI開発を事前に制限する必要性も指摘している

インターネットとっても主に利用できるのはパソコンくらいでした

ロボットになってしまえば適切な対応をしてくれるか不安になります電力需要を正確に予測できれば、現状の機械学習の手法を応用すれば技術的には可能であると考えられる。
売電価格が変化する中で売電のタイミングが計画でき、そしてうまくいけば、化できる。この部分は、利益を最大利益が,定以上に蓄積されたら、それを投資するということが人工知能には可能だろうか。
保有する設備を拡大していくことは可能であるだろうか。
ディープラーニングの2つがあります

AI時代を生き抜くため

新しく設備を導入して、さらに利益を高めてくことや、他の既存の設備をそして、買収して、例えば、人工知能がネット上にホームページをつくり、そこで家屋の屋根を貸してくれる人を募集する。貸してくれた人には屋根の賃料を仮想通貨で払うと約束する。屋根を貸すだけでお金がもらえるのであれば、応募する人がでてくるかもしれない。そこで賃貸契約をネット上で結ぶことになるが、これもいまではホームページ上で売買契約や賃貸契約をすることがあたりまでであるので、そのような手段を提供してくれる企業に委託すれば、あらかじめ契約フォームを人工知能が用意することもできるだろう。

著者について: