ホーム / データマイニング / 人工知能の基礎第二版によるこれこそ

人工知能の基礎第二版によるこれこそ

AI時代は好きなことで生きていく時代です

各ユニットには、人間型人工知能のような高度な知的処理ができないが、基本的なルールとパラメータ調整により、グループとして知的な処理ができるようになってくるのではないだろうか。
これらの人工知能ユニットは発電システムという設備を保有するため、その調達やメンテナンス、修理などにおいて、どうしても人間の企業とのかかわりが必要になってくるとが想定される。そこで、悪徳業者が、代金だけだまし取ったり、設備のグレードを下げたり、するなど様々なリスクが考えられる。これに対応するため、人間を雇ってチェックすればよいのだが、それには高い人件費がかかり、商売として成り立たなくなる可能性がある。
ロボットにおいてはそういった時代の到来に備え日本における

人工知能は考えるというのは比喩表現に過ぎないからです

この点についての対応は、生物の免疫システムなどを模したセキュリティシステムを発達させるなどの形で進化してくのかもしれない。最初は悪徳業者に騙されて、経営破たんしてしまうグループをあらわれるが、そのような経験も知識として人工知能の知識ベースや、グループ間·世代間で共有する「遺伝子」に蓄積していくようになるだろう。

 

人工知能が悪意のあるテロリストに渡ったとする

さらに取引御者も人工知能グループ間で情報を共有し、ランキングされていくようになっていき、信頼できる事業者が明確になっていくのではないだろうか。
また、無人企業が経営破たんしたらどうなるのだろうか。無人の法人が登記できるかのなどの法整備の課題になっていくだろう。また、破綻しない仕組みを考えていくことが必要である。無人で経営することで、定常的にかかる経費人件費などを極限まで低くすることができる。さらに、借金をしない、リスクのある金融取引をしないなどを徹底するれば、破綻のリスクはかなり低くすることができると考えられる。
基本的に借金をしなければ、開店休業状態になっても、設備を維持していくことができる。
しかし、利益を積み立てていかないと、設備更新ができなくなる。
AIが勝ったきっとまたこうして交もちろん
人工知能を用いた自動運転を展開して

AIが備えているとは思えなかった

その場合は、近くの儲かっているグループに場所を譲るかして、グループの統廃合を行い、廃業していくしかないのかもしれない。
グループの連合のようなものが自発的にうまれてくるのかもしれない。
これらの特徴は、いずれも高度な中央集権的な知能がなくても、持続的に進化、その次の段階では、持できることである。
維(5)無人企業の規模の進化ここまでの話は、太陽パネルという分散電源·つの種類で考えてきたが、自然エネルギーは、水力発電、バイオマス発電、風力発電など他にも多くの種類がある。

人工知能を使う組織は勝利

例えば、図7に示すように、「水素型」は、太陽光発電と電気分解による水素発生装置、燃料電池を組み合わせたグループであり、うまく設備の構成とエネルギーの融通を調整すれば、外部からは太陽光と水だけで持続できる設備グループが構成できると考えられる。光合成でいきているプランクトンのようなイメージで、地域の設備グループがひとつの光合成生命体エネルギー生命体のような形を形成するものである。
「バイオマス型」は、太陽光で発電した電力で、バイオマス発酵槽を稼働させ、メタンガスを製造し、そのメタンガスで燃料電池を稼働させて発電するシステム群である。これば、外部からバイオマス資源を受けいれて、バイオ堆肥や水、熱を放出する、動物型プランクトンのイメージである。
人工知能の基礎第二版によるこれこそ

ディープラーニング式


また、近年、人工光合成の技術が様々な機関で開発されており、バイオ発酵槽の代わりに、人工光合成の技術を用いることで自律的に稼働するのが「人工光合成型」である。
これらの種類の違い様々なグループが、その地域の特質や資源を踏まえて、形成されていき、さらにグループ間で相互作用することで、人工知能ユニットによる生態系が生まれるのではないだろうか。自然の生態系は個々の構成員が多様であるほど、生態系が豊かになり、持続性も高くなると考えられる。「エネルギー生命体」も多様性があるほど、全体としての持続性は高くなるのかもしれない。

著者について: