AI搭載と謳っているものもあります

人工知能の母である脳でさえ

テクノロジーはこの特徴量
一方でこのような議論も今の人工知能レベルからいえば、少し先の未来の心配事である。しかし、前言の「人工低能によるネットワーク型の組織体」
に、コンピュータが群れになって知的組織体になる可能性は、技術の困難性がより低く、より短期間で実現が可能であると考えられる。
のところで述べたようしかも、「人工低能によるネットワーク型の組織体」
も、紙の紙幣や硬貨を利用することは難しいが、仮想通貨であれば、ネット上での決済が可能であり、人間を介さずに、コンピュータ同士でお金の決済が可能となっていくと考えられる。
はないだろうか。

人工知能導入を促すことには成功したようです

もし、この人工低能型組織体が、取引可能な資源を持ち、決済手段を持てば、人間を介さずに商売ができるので(2)ビットコインなど仮想通貨の動向と「Technology」
FinTechとは「Finance」
ワーク化してきている。
を掛け合わせた造語であり、「金融におけるIT技術の活用」
を意味する。
現在、経済取引や金融取引はますますデジタル化、ネットこの中でも、近年話題となるのが、ビットコインを代表とする「仮想通貨」
である。
中央銀行などが発行する法定通貨ではなく、暗号技術を用いて、ネットワーク上で相互認証する形で形成された決済システムであり、管理者が不在であるとい仮想通貨とは、う点に特徴がある。

 

人工知能の歴史では

そして、ネット上の通貨を価値あるものとする仕組みが、「ブロックチェーン技術」である。例えば、ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーンと呼ばれるネット上に分散されて記録されている台帳に記録される。ブロックチェーンには過去のすべての取引が記録されているため、これをみれば取引の整合性を保証することができ、不正を防止することができる。さらに台帳の改ざんを防止するため、取引情報をブロックという単位にまとめるときに、暗号を解く計算を必要とする。この計算は、10カ程度で解けるように難易度を調整されており、計算をいち早く実行できた者には、一定額の報酬が仮想通貨として与えられる。このブロックチェーン技術は、仮想通貨のみならず取引など金融商品の取引にも用いることができ、将来は金融の取引市場も無人化されていく可能性がある。

人工知能学会やシンギュラリティサロン
このような仮想通貨の意義としては、国境を越えた決済がほとんどコストをかけずにできるようになったことなどが利点として挙げられるが、より大きな点は、人の手を介さずに決済がコンピュータネットワーク上でできるということである。これは言い換えれば、パソコン上で可動するソフトウェア同士が自動的にお金のやり取りをするという.とであり、すなわち人工知能だけでお金の決済ができるようになるということである。

 

IoTや終了こうして

方で、群知能の仕組みを応用することにより、個々の人工知能は高度な判断能力がなくても、それらが群れをなし、自己組織的に連携することにより、外的変化に柔軟に対応できる知的組織体を無人でつくることが可能となる。そして、このような知的組織体に仮想通貨の決済機能を持たせれば、組織体同士で仮想通貨の決済が行われóようになっていくだろう。
太陽パネルの設備を導入すれば、その後はほとんど経費がかからずに、発電をしてくれる。
すなわち商品が入手できる。
ネットワーク上で余剰電力の購入相手がみつかれば仮想通貨で電力の売買が可能である。
そして、会計関連の処理の自動化は、経理処理などの経費を限りなくゼロに近づけていくことができるようになってくる可能性がある。

人工知能次第に進化していきます

人工知能とは医師の診察はあるていど決まった手順で行うため例えば太陽光発電パネルなどの分散電源の装置にコンピュータを取り付けて、そこに人工知能を導入する。さらに、その人工知能コンピュータをインターネットに接続できようにし、適切なアルゴリズムを与えれば、仮想通貨での決済ができるようになるということである。これは、電気という商品をもち、仮想通貨での決済手段をもった、れつきとした「商売人」を構築することが可能となるということである。そして、システムの規模を大きくすれば、無人の自動企業の可能性も不可能ではなくなっていくと考えられる。
しかし一方で、この人工知能システムは簡単な売り買いは判断できるが、長期的な視点にたった高度なマネジメント能力を持つことは難しく、人工知能「経営者」が登場するためには、人型知能の人工知能がでてくるまで、少し待たないといけないかもしれない。


人工知能とは医師の診察はあるていど決まった手順で行うため BPOおすすめ業務 AI搭載と謳っているものもあります